化学反应原理

苏教版 选修4 化学反应原理

酵素的測定技術や免疫学的測定技術を利用した、生化学/免疫、血液凝固、糖尿病、感染症の検査の開発と、高分子微粒子重合技術を利用した糖尿病検査システムの開発、及び血液成分分離技術を利用した採血管の開発等を行っています。

苏教版 选修4 化学反应原理

脂質分析技術
酵素と界面活性剤を利用した測定技術で、動脈硬化の危険因子であるLDL(悪玉)コレステロールや負の危険因子であるHDL(善玉)コレステロールを測定する臨床検査薬に応用されています。
糖化蛋白分析技術
特異的に糖化蛋白を測定する酵素法を原理とした測定技術で、糖尿病の発見や診断に有用なヘモグロビンA1cを測定する臨床検査薬に応用されています。

加快化学反应速率原理

ラテックス表面に結合させた抗体と目的物質(抗原)との凝集を利用した免疫測定技術で、血栓症やDICなどの要因となる血漿または血清中のFDP、Dダイマーなどを測定する臨床検査薬に応用されています。

人教版《化学反应原理》

目的物質に結合した粒子標識抗体がメンブレン上を流れる性質を利用した免疫測定技術で、インフルエンザウイルスなどの感染症を迅速に診断する臨床検査薬に応用されています。

化学反应过程原理答案第九章

独自の高分子微粒子重合技術と表面改質技術を高速液体クロマトグラフィー用カラムに応用して、複数のヘモグロビン成分からヘモグロビンA1cを精度よく分離定量できる糖尿病検査システムを開発、製品化しています。

血液成分分離技術

血液成分に不活性な素材を利用した分離技術で、プラスチック製真空採血管に応用されています。

医薬事業

アミノ酸製造で培った光学活性化合物の製造技術を、医薬品の有効成分である医薬品原薬(API)、医薬用アミノ酸、医薬中間体の受託製造に展開しています。開発初期の少量スケールからパイロット製造、商用生産にいたるまでの製造技術を駆使し、スピード感あるプロセス開発を行っています。

医薬品原薬(API)

クレマスチンフマル酸塩、ピリドキサールリン酸エステル水和物など医薬品の有効成分であるAPIを20品目以上製造しております。また、臨床開発ステージにおける原薬(治験薬)の製造も行い、製薬企業各社の医薬品開発を支援しています。

ペプチド合成技術

新たなペプチド合成法 S-Tag-PS™を独自に開発し、経済性及び環境調和性に優れた効率的なペプチド製造技術を実現しています。これにより難合成ペプチドの高純度、高品質での製造を可能にしています。

創薬支援事業

医薬品開発の研究開発支援として、探索から申請、市販後調査までの各段階において、最高水準の技術を装備して各種評価試験を研究機関から受託しています。

臨床薬物動態評価技術

福島県立医科大学より資料提供

RIを使用する臨床試験(ヒトにおける薬物動態試験やイメージング試験)の提供により、早期にヒトでの安全性や有効性の評価を可能にしています。

機器分析・評価解析技術

免疫学的手法を原理とする最新機種や高感度LC-MS/MSなどを駆使した分析技術を構築し、血漿・血清などの生体試料中の薬物やバイオマーカーの濃度測定法およびキットの開発に応用しています。

核酸の超高感度測定技術

オリゴ核酸の凝集に基づく独自のシグナル増幅技術により、超高感度で分析精度に優れた濃度測定技術を実現しています。